4.06版、エンドコンテンツでのジョブ人口比率

スポンサーリンク

エンドのジョブ比率を簡単に出したのでまとめ。シナジーの平均値計算などに使えると思います。

DPS

DPSジョブ比率グラフ1 DPSジョブ比率グラフ2DPSジョブ比率グラフ4 DPSジョブ比率グラフ3

メレー/レンジ/キャス比率はバランスが良いが、赤魔/詩人が同系統内でかなり多いようだ。
黒機は弱くはないものの扱いづらいこと、赤魔の蘇生能力が練習段階でとても有用なことが大きいと思われる。

盾ヒラ

盾ジョブ比率グラフ ヒラジョブ比率グラフ

戦士/学者が少なめ、ナイト/白魔が多め。
連環を考慮すれば学者は決して弱くはないはずだが、やはり不慣れなうちはケアルガが便利だからだろうか?ノクタに慣れてしまった占星を動かすことは難しいかもしれない。
戦士も同様に、ナイトの軽減がとても有用で、戦士にはそのようなスキルがないことが大きいと思われる。

全ジョブ合計

全ジョブ比率グラフ

集計方法と生データ

FFlogsの4層後半通常編成クリアログをジョブ別ランキングで表示し、最下位の人の順位から、2017/8/30の23時時点でのジョブ別登録数を記録した。
変則編成(ヒラ1や盾1)は含まれていない。

例えばとあるヒラが野良DPSのAさんと組んだログをUPり、また別のBさんとのログをUPり、とすると、ヒラは1人でDPSが2人分logsに登録される。
logsのランキングには1人1回しかでてこない仕様上これはどうしようもなく、盾ヒラDPSの人口比はピッタリ1:1:2になるわけではない。
しかし1:1.01:2.05にはなったため、おおむね問題ないと考えた。

4層後半のみのデータであるため、相性のいいモンクやナイトなどの数が多くでている可能性が考えられる。

生データは以下の通り。

モンク 767
竜騎士 774
忍者 1338
1342
詩人 1801
機工士 350
黒魔道士 380
召喚士 170
赤魔道士 1658
ナイト 1913
戦士 721
暗黒騎士 1552
白魔 1953
学者 797
占星術師 1486
スポンサーリンク







フォローする